2021年6月14日月曜日

2021年6月13日(日)YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌 ~日ごろの行い~

1.ゲームの戦略的論点とポイント

スターティングメンバー:

スターティングメンバー&試合結果
  • ポステコグルーが正式にセルティックへの栄転が決まり、松永英機アカデミーダイレクターが暫定監督に就いた、マリノスは、第1戦との違いは、右SBの小池→松原。のはずが、ティーラトンがキックオフ直前に体調不良で小池が左に入ります。そしてオナイウがA代表に追加召集された前線は、天野が入り、マルコス ジュニオールがトップにスライド(だったと思います)。
  • これまで●●年の人生で様々な暫定監督による指揮を見てきましたが、"9番"としてレオ セアラが起用できる状況下での、この采配はかなり尖ったものだなという印象があります。なかなか全てを把握していない状況下で思い切った采配は難しいと思うからです。という旨?の質問が試合中、実況アナウンサーから清水秀彦解説員に投げられた際は、なぜか不機嫌おじさんが爆発していましたが。
  • 札幌は、第1戦で負傷交代した深井、小柏がやはり欠場で、まず駒井を中盤センターにスライド。そして第1戦では両アウトサイドを務めていた青木と金子を前線に配置し、3日前に天皇杯に出場していたルーカスと菅をスタートから起用でやり繰りします。

2021年6月6日日曜日

2021年6月6日(日)JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第1戦 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス ~俺らは知ってるぜ~ 

1.ゲームの戦略的論点とポイント

スターティングメンバー:

スターティングメンバー&試合結果
  • リーグ戦中断期間ということで、もしくはリーグ戦は川崎フロンターレの独壇場であることを踏まえて、現実的にタイトルが狙えるカップ戦のグループステージ以降は徐々に位置づけが変わってくるということなのか、お互いに主力級がスタメンに並びます。
  • ただ、札幌は予想されたメンバーからジェイがよくわからない理由で外れ、荒野が長期離脱から復帰後では初めて前線で起用されました。
  • マリノスは前田が代表招集中で、やや序列低下気味の仲川が右に入ります。

2021年5月30日日曜日

2021年5月29日(土)明治安田生命J1リーグ第17節 柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌 ~未来を映す鏡~

1.ゲームの戦略的論点とポイント

スターティングメンバー:

スターティングメンバー&試合結果
  • ミッドウィークから中2日のタフな日程。柏をあまり見れていないのですが、3バックと4バックの併用で、出場記録から見ると最終ラインの古賀、大南、上島、中盤の椎橋、前線の江坂が軸でしょうか。前節からは川口・江坂・細谷がスタメンを外れ、高橋峻希・三原・アンジェロッティを起用しています。
  • 札幌も珍しくターンオーバーをしており、宮澤、深井、金子、菅がベンチスタート。前節ジェイと福森を早めに交代させたのはこのためだったのでしょう。中盤センターと両ウイングバックにフレッシュな選手を起用していますが、アンデルソンロペスとチャナティップを欠く前線はやりくりが厳しい状況です。

2021年5月27日木曜日

2021年5月26日(水)明治安田生命J1リーグ第16節 北海道コンサドーレ札幌vsサガン鳥栖 ~何が起こるか見てみよう~

1.ゲームの戦略的論点とポイント

スターティングメンバー:

スターティングメンバー
  • 依然としてとしてハードな日程が続くシーズンですが、ボール保持:1-4-1-3-2、ボール非保持:1-5-3-2のようなシステムの鳥栖はほぼ全ポジションでメンバーを固定しています。
  • この日のスタメン以外だと、前線の2トップに酒井宣福や林が入ったり、札幌から期限付き移籍のよし君こと中野嘉大がここ2試合、左MFの小屋松のポジションで活躍したりはありますが、他はほぼこのメンバー。ここまでは素晴らしいシーズンを送っていますが、今後はコンディション維持もポイントになりそうです。前節の鹿島戦に続いて本田が起用されているのは、ディフェンスに理由があったでしょうか。
  • 札幌は、得点ランキングトップのアンデルソンロペスが前節負傷交代、最終ラインのファイター・キムミンテがシーズン2度目の退場処分で2試合出場停止。いずれも起用できれば、鳥栖相手にはキーパーソンとして期待されるので痛い状況です。タイ代表への合流を控えるチャナティップは、全体練習に復帰しておりベンチスタート。

2021年5月23日日曜日

2021年5月22日(土)明治安田生命J1リーグ第15節 北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス ~「なんとかしている」のはだれか~

1.ゲームの戦略的論点とポイント

スターティングメンバー:

スターティングメンバー&試合結果
  • 8戦勝ちなしの清水は、ここ数試合スタメン起用が続いていた立田、鈴木唯人がベンチスタートでディサロが第8節以来のスタメン。また、チアゴ サンタナは体調不良だそうです。ボール保持は1-4-4-2、ディフェンスは1-5-3-2ないし1-5-4-1で守る、ロティーナがセレッソ自体から見せていた変則システムを採用しています。役割が変わるポジションには松田陸や片山のようなフィジカル自慢の選手が重用されていました。
  • 札幌はキム ミンテ、ルーカスが復帰しましたが、カップ戦での起用もあるのでベンチスタート。左は札幌加入後初めてとなる駒井。確か浦和では、たびたび左でも起用されていたでしょうか。当時はアウトサイドで違いを作る役割でしたが、このスタメンだと使い方は別だろうな、という予感がありました。ジェイのスタメン起用は、水曜日のルヴァンカップを「食あたり」で休んだ影響もあったでしょうか。

2021年5月19日水曜日

2021年5月19日(水)YBCルヴァンカップ グループステージ第6節 北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズ ~忠実な若者~

1.スターティングメンバー

スターティングメンバー&試合結果
  • 札幌は、菅が遂にDFでスタメン出場。4バック相手だとCBというよりSBの役割だと考えるとわからなくもないですが、岡村が右、柳が右WB、ルーカスが左WBと聞くと非常にチグハグ感…何度も書いてますが普通に4バック(右から柳、岡村、ミンテ、菅で、ルーカスが右MF)じゃダメなんか?との感想です。それでも駒井は勝手に降りてくるんでしょうけど。
  • 鹿島はGKと最終ラインは前回のルヴァンカップでの対戦と同じ。一方で新型コロナウイルスの影響か?で休んでいたアラーノが戻ってきていたり、アルトゥール カイキが初出場だったりと力のある選手が並んでもいます。

2021年5月17日月曜日

2021年5月16日(日)明治安田生命J1リーグ第14節 川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌 ~沈黙が解なら~

1.ゲームの戦略的論点とポイント

スターティングメンバー:

スターティングメンバー&試合結果
  • 川崎は中3日の日程ですが、前節もホームゲーム、かつジェジエウ、ジョアン シミッチ、家長、レアンドロ ダミアンがスタメンから外れていたこともあって、この試合は田中碧(と、負傷の大島)以外はほぼベストメンバー。
  • 札幌は依然としてキム ミンテ、ルーカス フェルナンデス、そしてチャナティップを欠く布陣。荒野も万全ではないとのことで、トップ下(シミッチの担当)には予想通り駒井、最終ラインには宮澤がスライドしています。