2019年6月20日木曜日

プレビュー:2019年6月22日(土)明治安田生命J1リーグ第16節 北海道コンサドーレ札幌vsサガン鳥栖 ~おれは しょうきに もどった~

1.予想スターティングメンバ―

予想スターティングメンバ―

・札幌:
 ×(非帯同、欠場確定):FW菅(日本代表招集)
 ×(負傷等で欠場濃厚):MF宮澤(5/25ガンバ戦での右膝軟骨損傷)、MF中野(6/1広島戦での左ヒラメ筋肉離れ)
 ▲(負傷等で出場微妙):MF駒井(右膝半月板損傷、6月末に復帰の見込み)

・鳥栖
 ×(非帯同、欠場確定):DF原(日本代表招集)
 ×(負傷等で欠場濃厚):MF石川
 ▲(負傷等で出場微妙):DF藤田(5/18右ひざ外傷性滑膜炎、全治4週間)、FWイサック クエンカ、FW豊田(右足首負傷で別メニュー調整)、FWビクトル イバルボ

 札幌は水曜日にアウェイ磐田でのルヴァンカップを戦ってからの中2日、鳥栖はリーグ戦から中6日。ただ札幌は、ルヴァンカップではこの試合に先発が見込まれる選手の多くは休ませている。メンバーは恐らく、前節川崎戦から右WBルーカスが復帰。左はそのまま石川だろう。前線はアンデルソン ロペスの起用法がポイントだが、ルヴァンカップ磐田戦は「試合勘を取り戻すため」本人志願でのフル出場だったらしく、本調子にはまだなさそうで、前節同様、武蔵が右シャドーと予想する。
 鳥栖はルイス・カレーラス監督の”休養”、金明輝監督への交代から、ガンバ、広島、鹿島に3連勝で持ち直してきたが、ここ2試合はセレッソ、浦和に1点差で惜敗。それでもチームには自信とバランスが取り戻され、見事な手腕を発揮していると言ってよいだろう。別メニュー調整が続いている豊田、クエンカ、イバルボ、前節は途中出場したトーレスも負傷を抱えている状況で、前線が心もとないが、メンバーは固定されている。ここ5試合と同じような傾向になるはず。

2019年6月19日(水)YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第1戦 ジュビロ磐田vs北海道コンサドーレ札幌 ~嘘を嘘と見抜こう~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GK菅野孝憲、DF早坂良太、濱大耀、中村桐耶、MF金子拓郎、藤村怜、中原彰吾、白井康介、檀崎竜孔、岩崎悠人、FWアンデルソン ロペス。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF進藤亮佑、MFルーカス フェルナンデス、高嶺朋樹、本間洋平、FW大和蓮。北海道新聞の予想では岩崎と高嶺はメンバー外だったが、直前でコンディションを見て判断したのだろう。岩崎は日本時間で月曜日の夜にトゥーロン国際大会の決勝戦にフル出場したので、中1日での試合出場となる。
 磐田(1-3-1-4-2):GK三浦龍輝、DF櫻内渚、新里亮、藤田義明、MF針谷岳晃、石田崚真、ムサエフ、上原力也、エレン、FW中山仁斗、ロドリゲス。サブメンバーはGK志村滉、DF大南拓磨、MF太田吉彰、宮崎智彦、アダイウトン、森谷賢太郎、荒木大吾。グループステージでは清水、ガンバ、松本と同じグループに入り3勝3敗。静岡ダービーは2戦とも落としたが、松本に2勝したことが効いてプレーオフステージに進出した。スタメンではFWの中山のみ、3日前のリーグ戦で先発している。ルクセンブルク代表帰りのロドリゲスはベンチスタートだった。

2019年6月17日月曜日

2019年6月14日(金)明治安田生命J1リーグ第15節 川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌 ~カオスの調停者~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー(&スコア&選手交代)

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF早坂良太、荒野拓馬、深井一希、石川直樹、鈴木武蔵、チャナティップ、FWジェイ。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF濱大耀、MF中原彰吾、檀崎竜孔、白井康介、金子拓郎、FWアンデルソン ロペス。前線の構成はまずはコンディションを考慮した編成だっただろう。ただ武蔵とジェイが並ぶとしたら、2トップしかないと思っていたが、ロペスのポジションに武蔵をはめ込むことでいつもの1-3-4-2-1を継続している。
 川崎(1-4-4-2):GKチョン ソンリョン、DF車屋紳太郎、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平、MF守田英正、大島僚太、家長昭博、長谷川竜也、FW知念慶、レアンドロ ダミアン。サブメンバーはGK新井章太、MF齋藤学、下田北斗、脇坂泰斗、山村和也、阿部浩之、FW小林悠。前線は3試合ぶりに知念が先発、他は予想通り。マギーニョも馬渡もベンチにいないということで、登里、そして車屋への信頼の高さがうかがえる。

 (3割くらいしか当たっていない)プレビューはこちら。

2019年6月13日木曜日

プレビュー:2019年6月14日(金)明治安田生命J1リーグ第15節 川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌 ~シャーレという印籠~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー

・札幌:
 ×(非帯同、欠場確定):MFルーカス フェルナンデス(前節退場処分により出場停止)、FW菅(日本代表招集)、FW岩崎(U22日本代表招集)
 ×(負傷等で欠場濃厚):MF宮澤(5/25ガンバ戦での右膝軟骨損傷)、MF駒井(右膝半月板損傷、6月末に復帰の見込み)
 ▲(負傷等で出場微妙):MF中野(6/1広島戦での負傷)

・川崎
 ×(非帯同、欠場確定):MF田中(U22日本代表招集)
 ×(負傷等で欠場濃厚):DF奈良(4/26トレーニング中に左膝内側側副靭帯損傷、内側半月板損傷)
 ▲(負傷等で出場微妙):なし

 昔々あるところにアンドレ・ルイス・デ・ソウザ・シルバという釣りが趣味の男がいた。男はやがて好きなお菓子をルーツにした名前「ビジュ」と名乗りコンサドーレ札幌と契約した。ブラジル人とは思えない足さばきと全治3週間の負傷を1週間で治す強靭な肉体を武器にビジュは活躍を続け、道産子の美しい奥さんを嫁にもらって幸せに暮らしたとさ。
 時は流れ、札幌にアンロペという股下が長い男が移り住んできた。男は爆発的な得点力と軟体生物のような身のこなしからのドリブル突破で活躍を続けたが、不慮の事故により大怪我を負って故郷に帰ってしまった。ブラジルに帰った初日、床に就くアンロペに「きこえますかアンロペさん…あなたの頭の中に直接話しかけています…」ビジュの加護を受けて負傷から回復したアンロペはその後も活躍を続け、札幌で幸せに暮らしたとさ。めでたしめでたし。

 国際Aマッチウィークを挟んでの一戦。2週間前に札幌の空を覆っていた暗雲はよさこいソーラン祭りの太鼓の音とともに遠くに去って行った。6月10日、スポークスマン・ジェイ ボスロイドが自身のインスタグラムにおいて高らかに宣言する ”All injured players are now back in training which means we have a fully fit squad.”。
 前節・広島戦の前後で一気に負傷離脱者が増え、しかも全て中盤~全員が前線の選手。追い打ちをかけるように、ルーカス フェルナンデスは前節の退場処分により出場停止(試合後すぐに奥さんとともに新千歳から舞浜に飛び立ち、オフを満喫したトランジションの速さは流石である)という状況だったが、2週間の休みがあったことは僥倖だった。「出場微妙」だった鈴木武蔵、チャナティップはいずれも出場できる状態のようだ。
 アンデルソン ロペスは6/8のU18との練習試合にも先発出場しており出場に問題はなさそうだ。溶鉱炉に落ちても復活してプレーを続ける。靭帯損傷から1ヶ月で復帰する。「アンデルソンロペス=ターミネーター」説の完全立証にまた一歩近づいた感がある。まだビジュである可能性は排除しきれていないが。
 ジェイの”All injured players"に含まれていない人物は恐らく2人。「夏復帰予定」の駒井(6月末に復帰との報道)、そしてキャプテン宮澤。ジェイのインスタグラムには白井のパーマ頭と小野の坊主頭が写っているが宮澤の姿は確認できない。
 予想スタメンは、最終ラインと中盤2人は決まっている。アウトサイドは恐らく右が早坂。左は読めない。筆者の意見では川崎相手なら右は守備的、左は攻撃的な選手起用が良い。よって希望込みで白井としている。トップは迷ったが武蔵とした。武蔵が全体練習に復帰したのは今週火曜日。ジェイの方がコンディションが良さそうだが、ミシャは川崎相手に守備で仕掛けてくるはず。となると武蔵しかいない。

 川崎は奈良以外は、負傷者が戻ってきている。選手層は間違いなく日本一。前節・浦和戦では負傷者以外に中村健剛、馬渡、阿部がベンチ外だった。普通、勝っているチームはスタメンで出られない選手が出場機会を求めてチームを離れるが、どのポジションにもスタメンと遜色ない能力を持つ選手をバックアップに置いている。大卒選手が毎年入団してくるのも卑怯である。
 川崎でスタメン当確と言えそうなのはGKのチョン ソンリョン、DFの谷口、好調を維持する登里、MFの大島、長谷川、家長あたりか。中盤は田中が代表招集中のため、守田も恐らく確定か。前節は右SBに左利きの車屋が起用されていたが、サイドに張って仕掛ける仕事は他の選手で代替できるので、”サイドに蓋をする”仕事の能力を買われたのだろう。谷口の隣を守るCBはじぇじぇじぇ…ジェジエウ。前線はレアンドロ ダミアンを軸として、そのパートナーは2トップ気味に小林が有力だが、戦術的なオプションとしてはその背後に脇坂を置く選択肢もありうるだろう。

2019年6月2日日曜日

2019年6月1日(土)明治安田生命J1リーグ第14節 北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島 ~いつしか、スタンダードに~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF中野嘉大、荒野拓馬、深井一希、菅大輝、早坂良太、ルーカス フェルナンデス、鈴木武蔵。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF檀崎竜孔、白井康介、小野伸二、FW藤村怜、ジェイ。宮澤は前節試合中の負傷の影響が手術が必要な膝軟骨損傷と判明し1ヶ月程度は欠場の見込み。中盤センターは宮澤、深井、駒井、荒野、中原といたはずだが駒井の予想外の長期離脱もあり、一気に手薄感が漂ってきた。チャナティップは腿裏の張りで欠場。国際Aマッチウィークにキングスカップを戦うタイ代表の招集も辞退した。小野は3/13ルヴァンカップ長崎戦以来の公式戦メンバー入り。ジェイのスタメン入り(武蔵のシャドー起用)を予想するメディアもあったがベンチ入りとなっている。
 広島(1-3-4-2-1):GK大迫敬介、DF荒木隼人、野上結貴、佐々木翔、MF清水航平、川辺駿、松本泰志、柏好文、森島司、柴崎晃誠、FWドウグラス ヴィエイラ。サブメンバーはGK林卓人、MF稲垣祥、ハイネル、吉野恭平、FWパトリック、渡大生、皆川佑介。最終ラインは荒木が3試合連続のスタメン。エミル サロモンソンは前節試合中の負傷の影響により欠場。代役は前節はハイネルだったが、清水から帰ってきた清水航平が今シーズン2度目となるスタメン起用されている。
 その他プレビューはこちら。

2019年5月31日金曜日

プレビュー:2019年6月1日(土)明治安田生命J1リーグ第14節 北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー

・札幌:
 ×(非帯同、欠場確定)…FW岩崎(U22日本代表招集)
 ×(負傷等で欠場濃厚)…MF駒井、FWアンデルソン ロペス(6/22鳥栖戦で復帰見込)
 ▲(負傷等で出場微妙)…MF宮澤(5/25ガンバ戦での足の負傷)
・広島:
 ×(非帯同、欠場確定)…MF東(U20日本代表招集)
 ×(負傷等で欠場濃厚)…なし
 ▲(負傷等で出場微妙)…なし

 札幌は宮澤が、前節試合中の負傷の影響により水曜日時点で全体練習に合流していない。代役は順当にいけば荒野だろう。
 広島は右シャドーが流動的だが、前節1ゴール1アシストと結果を残した森島のスタメン起用、渡はジョーカーとしての運用を予想する。最終ラインはここ2戦先発している荒木が入ると高さが補強されるが、アンデルソン ロペス抜きの札幌相手、チャナティップとのマッチアップを考えると、右に野上、中央に吉野ではないか。
 リーグ戦日程とバッティングする代表招集に応じたのは、札幌が岩崎と菅、広島は東に加え、CONMEBOLコパアメリカブラジル2019に大迫と松本が参加。菅大輝も含め、この3選手は少なくとも第15・第16節は欠場する。菅は左WBに中野や白井、大迫は林、松本は稲垣がバックアップで控えているため招集を容認したのだろう。

2019年5月26日日曜日

2019年5月25日(土)明治安田生命J1リーグ第13節 北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪 ~いいとこどりの難しさ~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-1-2):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF中野嘉大、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝、チャナティップ、FWルーカス フェルナンデス、鈴木武蔵。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF早坂良太、荒野拓馬、金子拓郎、FW岩崎悠人、ジェイ。前線は、どのメディアも予想しなかった2トップ+トップ下の構成。もしかすると当日スタメンを見ての判断だったかもしれない。ジェイのベンチ入りは報道通り。早坂のWBでの先発を予想するメディアもあったが、右には中野。
 ガンバ(1-3-1-4-2):GK東口順昭、DF高尾瑠、三浦弦太、菅沼駿哉、ファビオ、オ ジェソク、MF矢島慎也、小野瀬康介、高江麗央、倉田秋、福田湧矢、FWアデミウソン、ファン ウィジョ。サブメンバーはGK林瑞輝、DF米倉恒貴、金英權、MF田中達也、遠藤保仁、今野泰幸、FW食野亮太郎。前節と全く同じスタメン、配置。前節は開始直後は4-4-2に見える配置だったが今節は初めから3バックである。
 その他プレビューはこちら。