2020年8月9日日曜日

2020年8月8日(土)明治安田生命J1リーグ第9節 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 ~起こるべくして~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー&試合結果
  • 清水は予想通りのメンバー。よくよく考えると、ユニフォームネームはタイ語なのにティーラシンはベンチスタートでしたが、マリノス戦ではティーラトンと揃ってスタメン出場できるのでしょうか。
  • 札幌は武蔵がいきなりのスタメン復帰で、連戦の田中をベンチスタートにしてきました。また、2CB+2MFの清水対策で2トップ、インサイドハーフ2人の[1-3-1-4-2]と表記しています。

2020年8月7日金曜日

プレビュー:2020年8月8日(土)明治安田生命J1リーグ第9節 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 ~フットボールの原理とバックパスの有効性~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー

  • お互いにルヴァンカップから中2日での試合です。清水はリーグ戦前節で先発したメンバーをカップ戦では休ませたので、メンバーの予想は容易ですが、GKは復帰のネト ヴォルピに代わる可能性はあります。
  • 札幌は前線の構成が焦点です。武蔵は今節から復帰との情報がありますが、まずはベンチスタートでしょうか。2試合連続で結果を残している荒野はミッドウィークで休ませました。アンデルソン ロペスも45分の起用にとどめています。予想が難しいですが、ロペスはまだ絶対的な存在だとは思われていないので、リーグ戦ここ2試合と同様の形を予想します。
  • ディフェンスで穴にならず、唯一無二の速攻能力がある武蔵が完全復活したら、また変わってくるのではないでしょうか。ここのところフル稼働中のルーカス、もはや当然のように酷使されている菅と進藤の状況も気がかりではあります。

2020年8月2日日曜日

2020年8月2日(日)明治安田生命J1リーグ第8節 北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸 ~哲学のガーディアン~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー&試合結果
  • 両チームとも予想を外してしまいました。
  • 札幌はジェイがベンチスタートでしたが、HTのアップ中に負傷でメンバーを外れます。田中をCB中央、荒野を前線に置く、前節と同じ0トップスタイル。ビルドアップのキーマン、そしてフィニッシュの設計のコアであるジェイを迷わず2試合連続で、しかもマリノス、神戸相手にベンチに置く選択ができるのは、これまでにないことです(田中の回復具合がわからなかったこともありますが)。
  • 神戸はダンクレーが復帰し、3バックにしてきました。右ウイングがいなくなりますが、元も子もない言い方をすると、現状右ウイングはあまり重要な選手が置かれていないと見ることもできます(但し、小川が途中から出てくる展開は脅威です)。

2020年7月28日火曜日

プレビュー:2020年8月2日(日)明治安田生命J1リーグ第8節 北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸 ~紳士協定の破棄~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー
  • 札幌は前節はマリノス相手ということで、7たびほど目のイレギュラーな布陣で対抗しましたが、今節は「いつもの形・メンバー」に戻してくると予想します。中野が負傷してしまいましたが、前線は休養十分のジェイをトップに置く布陣が予想されます。
  • そして武蔵が週半ばから部分合流、アンデルソン ロペスも完全合流していますが、コンディション的な意味合い、戦術的な意味合いの両方でベンチスタートを予想します。アンロペは身体は切れていると思いますが、2ヶ月以上ピッチを遠ざかっていたことで守備面で未知数なところがあります(そこが問題なければ、ジェイに代えてトップでの起用もあり)。最終ラインは福森、田中のコンディションは不透明ですが、左CBは前節高パフォーマンスの高嶺を継続すると予想します。メンバーは割と読めますが、戦術的には2つのオプションを持っています(後述)。
  • 神戸は4バックでウイングに小川を起用するか、3バックでCBを1人増やすかのオプションがあります。札幌と同じ[1-3-4-2-1]の大分相手にはアウェイで4バック、広島相手にはホームで3バック、[1-4-4-2]のセレッソ相手にはアウェイで3バックという状況ですが、セレッソ相手の3バックは相手の2トップ、4枚の中盤に対してミスマッチを作りたかったのだと思います。
  • 今期は4バックが基本形であることや、札幌が前3枚の[1-3-4-2-1]であるため、今節は[1-4-1-2-3]で予想します。メンバーは、イニエスタはアウェイゲームでは無理をさせない可能性もあると報じられていましたが、1週間空くこともあり札幌に来てくれるのではないでしょうか。

2020年7月26日日曜日

2020年7月26日(日)明治安田生命J1リーグ第7節 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス ~机上論は現実へ~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー&試合結果
  • マリノスはオナイウではなく、エジガル ジュニオが2試合連続のスタメン出場。SBは高野ではなくティーラトン。仲川、マルコス ジュニオールはいずれも欠場でした。
  • 札幌はFWを誰も置かない予想外の形でした。チャナティップではなく、中野を中央に置いたのもポイントです。土曜日朝に「トレーニングで数人負傷者が出た」との情報がありました。メンバーを見ると、福森と田中を指していたのだと予想されます。福森も勿論ですが、プレッシング戦術でも撤退守備でも対応できる、新人なのにルーキーな田中の欠場が痛いところです。恐らく福森の代役に高嶺を立てることから、このメンバーが逆算されたのではないでしょうか。また早坂は初のベンチ入り、中野が初スタメン。アンデルソン ロペスはこの週になってようやく精神と時の部屋からチェックアウトしたとの情報があり、翌週からメンバーに加わってくるかもしれません。

2020年7月25日土曜日

プレビュー:2020年7月26日(日)明治安田生命J1リーグ第7節 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス ~ロジックに裏打ちされた奇策~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー

  • マリノスはGKのパク イルギュとDFの實藤が離脱中。復帰してきたチアゴ マルチンスは鹿島戦で45分でピッチを去り、前節はメンバー外でした。ポステコグルー監督は3戦連続でのスタメン起用を避けているように見え、この観点だと前節途中交代した仲川と、ティーラトンは休ませると予想します。
  • この仮定だけでかなりメンバーが見えて決ますが、後はコアな選手には頑張ってもらうとして、喜田は3連戦となりますがスタメン起用、5連戦となるマルコス ジュニオールを休ませるのではないでしょうか。天野がスタメンなら、中盤が逆三角形の1-4-1-2-3に近い陣形を予想します。もっとも、これ以上星を落とせないということで、仲川、マルコス ジュニオールは強行出場も予想されますが。
  • ミシャはオブラートに言うと、ポステコグルーよりも更にクラシカルというか選手起用におけるリミットの設定がよりハードです。進藤、菅、チャナティップは全試合スタメン出場しています。この3人は今回のゲームにおいても重要な役割を担うと考えられるので、コンディションが心配ですが強行出場を予想します。あるとしたら、チャナティップ→駒井でしょうか。センターラインは荒野が復帰し、前節安定したプレーを見せた田中を起用、前回も3連戦を回避した宮澤は休ませると予想します。右サイドは、昨年4月の対戦で無双したルーカスに期待がかかりますが、前節温存した白井の方が有力です。ただ、菅を休ませるなら白井は左の候補としても挙がります。
  • 札幌側の論点は2つで、①4バックか3バックか。②ハイプレスで入るか引いて構えるか。2018-19シーズンにかけてのマリノスとの対戦は毎回何らか4バックだったり変則システムで対抗しています。

2018.4(ホームでのリーグ戦)
2018.10(アウェイでのリーグ戦)
2019.3(アウェイでのカップ戦)
2019.4(ホームでのリーグ戦)
2019.5(ホームでのカップ戦)
2019.11(アウェイでのリーグ戦)

  • 私の考えは、これまで勝利を収めた2試合と同様、またマリノスが第5節で対戦した鹿島も同様だったと思いますが、4バックにして最終ラインのスペースを消したうえでプレス開始ラインは自陣に設定するのがいいと思います。
  • となると今回も3⇔4バックの変形システム。左はカップ戦で1度白井もやったことがありますが、基本的には菅しかこの役割が務まりません。もう一つポイントになるのが、3バックの右シャドーを兼務する4バックの右FWに入る選手で、武蔵、アンデルソン ロペスを欠くことになる札幌にはここが特大のネックです。役割を考えると、中盤またはアウトサイドで活きる駒井ではなく、ゴールに向かってプレーできる金子しかいない(と、久々に、当てたらかっこいいことを言ってみます)。
  • 3バックでハイプレスをするのはリスキーです。札幌のWBがマリノスのSBと離れたポジションからスタートするので、まずここでプレスがかかりにくくなります。そしてマリノスのWBはフリーダムに誘導するので、札幌のWBがどこまで追えばいいかわからなくなりプレスは失敗すると予想されます(4バックなら、SHに「君たちは最終ラインのことは心配しなくていいよ」とすることで解決できます)。
3バックの時に生じる問題点
  • そして3バックでハイプレスだと、札幌の最終ラインは常に3枚であることが多くなり、その左側では福森vs仲川(または水沼?)というピカチュウvsダグトリオのようなマッチアップになるので、「リスクがあるね」という言葉では足りないくらいの状況になります。

  • これを嫌い、5バックでラインを低く設定するやり方も一応ありますが、これは(昨年11月の対戦時に言ってましたが)ミシャが好まないやり方で、マリノスのようなウイングが幅を取る3トップのチーム相手だと、札幌のDFが常に2枚余る状態になります。ここは2人分数的有利になりますが、ピッチの他のところで数的不利になります。これだとトップ(ジェイ)が孤立するので、奪った後でジェイに当ててジェイが勝てないとずっと押し込まれている状態になりやすい問題があります。
3バックで引くとDF2人が”遊んで”しまいがち
  • そしてマリノスは引いたチーム相手に何度もトライを繰り返せる状況だと、隙を見つけてゴールを奪えるクオリティがあります。このようなチーム相手には、どれだけ押されても常に喉元にはナイフを突きつけておく必要があります。