2018年5月29日火曜日

2018年5月20日(日)17:00 明治安田生命J1リーグ第15節 ヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌 ~ウェリボールの圧力~

0.プレビュー

0.1 スターティングメンバー


スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-2-1、GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF駒井善成、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝、三好康児、チャナティップ、FW都倉賢。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF兵藤慎剛、早坂良太、荒野拓馬、FW宮吉拓実、ジェイ。前節累積警告4枚で出場停止だった三好がスタメンに復帰。消化試合として迎えた、この週水曜日のルヴァンカップグループリーグ第6節は清水に0-3と敗れた。
 ヴィッセル神戸のスターティングメンバーは4-4-2、GKキム スンギュ、DF高橋峻希、チョン ウヨン、渡部博文、ティーラトン、MF大槻周平 三田啓貴、藤田直之、田中順也、FW渡邉千真、ウェリントン。サブメンバーはGK前川黛也、DF那須大亮、藤谷壮、MF増山朝陽、松下佳貴、三原雅俊、FWハーフナー マイク。前節と全くスタメンは同じ。郷家はこの週のルヴァンカップでの退場処分により出場停止。ルーカス ポドルスキは5/2の第12節(FC東京戦)の負傷の影響で一足先に中断期間に入っている。ポルディの代役として前線に入ったのは、第13節では下部組織から昇格1年目の佐々木大樹、前節第14節ではこの試合と同じくウェリントン。この試合の4日後、5/24にFCバルセロナから三木谷オーナーの新たな友達としてアンドレス・イニエスタの獲得が正式発表されたが、ポドルスキ、キム スンギュ、チョン ウヨンの地位は恐らく揺るぎない。ウェリントンはレアンドロよりはプライオリティが高いだろうが、出場機会は更に厳しくなるかもしれない。

0.2 「5-2-3 ヨモ将式守備」の踏襲

1)5バックの固定化による後方の安定


 当ブログでは何度か書いているが、四方田修平前監督(現ヘッドコーチ)が指揮を執った2017シーズンから、札幌の守備は「5バックをゴール前から動かさない」ことを大原則として結果を残してきた。この大原則は相手のシステムがが4-4-2だろうと3-4-2-1だろうと4-3-3だろうと変わらず札幌の攻守の設計はこの守備戦術を出発点としている。
 このことが「出発点」であることは、言い換えると札幌は守備時に5バック以外の5選手の運用によってのみでミドルゾーン~アタッキングゾーンをカバーすることを強いられる。結果、最終ラインは5枚のポジションと役割を固定的にすることで安定がもたらされたが、中盤~前線を5枚のみで守ることは明らかに枚数不足であって、効率的にピッチをカバーすることが難しい。そのため、四方田札幌は最終ラインだけでなく中盤~前線においても、人を基準にした守り方を基調とすることに最終的に辿り着く。
 具体的には、4バックの相手に対してはシャドーのチャナティップと都倉(時に兵藤)が相手のSBを監視できるポジションを取り続ける。相手が3バックであれば、1トップ2シャドーが相手の3バックをそのまま見続ければよい。フィジカルモンスターの都倉もそうだが、1試合平均で11キロの走行距離を記録するチャナティップもこの戦術に欠かせない選手であり、2017シーズン終盤の快進撃はこうした戦術の簡素化によるところが少なくない。
最終ラインのマークずれが嫌なので、全てのポジションでマッチアップを決めておく

2)四方田ギミックを流用するミシャと恩恵を受けるキム ミンテ


 2018シーズン、開幕3試合勝ちなしの後、3/18の第4節以降11試合負けなしで3位まで順位を上げてきた札幌だが、この間(開幕4試合を消化して、3/18-3/31のインターナショナルウィークを挟む期間)にミシャは守り方を四方田式5-2-3に戻してきている。つまりWBはなるべく最終ラインから離れるな、ミドルゾーンは前の5人に任せろというルールを徹底するのだが、これにより特にキム ミンテのパフォーマンスが劇的に改善される。
 元々、でかくて速くて強いという、一見最強に見えるキム ミンテだが、CB歴は1年ちょいであり、ボールと相手選手を両方ケアするのが苦手というCBとしては致命的な欠点がある。これを、5バックを極力動かさないことでマーカーや持ち場をなるべく固定的にし、仕事をシンプルにすることで弱点を隠し、最終ライン中央でミンテの強さが最大限活きるように場を整えたことが札幌の守備の安定に大きく寄与している。2017年シーズンの河合の使い方にも共通しているともいえ、この方針転換は四方田コーチの関与があったと予想する。

2018年5月17日木曜日

2018年5月13日(日)16:00 明治安田生命J1リーグ第14節 FC東京vs北海道コンサドーレ札幌 ~備えあっての放り込み~

0.プレビュー

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-2-1、GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF駒井善成、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝、都倉賢、チャナティップ、FWジェイ。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF兵藤慎剛、ジュリーニョ、早坂良太、荒野拓馬、FW宮吉拓実。三好は累積警告4枚で出場停止。この週、水曜日のルヴァンカップ(ホーム・甲府戦)は期限付き移籍中の金園英学に2ゴールを許す等の内容で0-3で敗れた。例によってシャドーの代役候補(ジュリーニョ、ヘイス、兵藤、宮吉、早坂)はこの試合に軒並み出場しており、疲労度は同程度だったと思われるが、シャドーはこれら候補者からチョイスされず、都倉がスライド、復帰直後のジェイをトップに置く。この二人のスタートからの併用は公式戦では初めてだが、キャンプ中では何度か試されていた。
 FC東京のスターティングメンバーは4-4-2、GK林彰洋、DF室屋成、チャン ヒョンス、森重真人、太田宏介、MF大森晃太郎、橋本拳人、髙萩洋次郎、東慶悟、FWディエゴ オリヴェイラ、永井謙佑。サブメンバーはGK大久保択生、DF吉本一謙、山田将之、MF米本拓司、梶山陽平、橋本拳人、FW前田遼一。リッピ ヴェローゾ。負傷離脱していたチャン ヒョンスがこの試合からスタメンに復帰し、負傷者が出ない限りはリーグ戦はこのメンバーでほぼ固定されている。浦和、仙台、磐田との開幕3戦は2敗1分と出遅れたが、その後10試合は8勝1敗1分と好調を維持しており、特に10試合で20得点と決定力が光る。

2018年5月7日月曜日

2018年5月5日(土)14:00 明治安田生命J1リーグ第13節 北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪 ~厚別仕様の高速クロス~

0.プレビュー

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-2-1、GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF駒井善成、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝、三好康児、チャナティップ、FW都倉賢。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF兵藤慎剛、ジュリーニョ、早坂良太、荒野拓馬、FW宮吉拓実。前節出場停止処分で欠場したキム ミンテと、前節休養させた前線3選手ががスタメンに復帰している。
 ガンバ大阪のスターティングメンバーは4-2-1-3、GK林瑞輝、DF米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝、MF今野泰幸、マテウス、遠藤保仁、FW藤本淳吾、倉田秋、ファン ウィジョ。サブメンバーはGK谷晃生、DF初瀬亮、菅沼駿哉、オ ジェソク、MF食野亮太郎、FW長沢駿、中村敬斗。第4節以降欠場が続いていた今野は前節途中出場し、この試合からスタメンに復帰。やはりクルピのチームはターンオーバーに消極的で、負傷者が出ない限りリーグ戦ではほぼ同じメンバーを使い続けており、4/21の第9節からこの試合に至るまで、今野と米倉以外は5試合連続で同じメンバーが送り込まれている。ここ2節は2列目中央に藤本、右に米倉という布陣で鳥栖、仙台に2連勝と復調傾向だったが、今野が復帰した影響で遠藤がトップ下、藤本が右MFにスライドし、米倉とオ ジェソクとの択一で前者が選択された。

2018年5月4日金曜日

2018年5月2日(水)20:00 明治安田生命J1リーグ第12節 サガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌 ~冒険の合間に実験~

0.プレビュー

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-2-1、GKク ソンユン、DF進藤亮佑、石川直樹、福森晃斗、MF駒井善成、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝、早坂良太、宮吉拓実、FW内村圭宏。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF濱大耀、MF兵藤慎剛、ジュリーニョ、白井康介、荒野拓馬。前節の記事で「ターンオーバーしないのか」と書いたところ、得意の3枚替えで応えてくれたミシャであった。出場停止処分のキム ミンテのポジションには宮澤が入る可能性も示唆されていたが、順当に石川が中央、福森が左となっている。稲本は試合直前に腰痛を発症し、ベンチメンバーから外れた。
 サガン鳥栖のスターティングメンバーは3-1-4-2、GK権田修一、DF小林祐三、キム ミンヒョク、鄭昇玄、MF藤田優人、福田晃斗、高橋義希、原川力、吉田豊、FW安庸佑、小野裕二。サブメンバーはGK高丘陽平、DF三丸拡、高橋祐治、MF河野広貴、加藤恒平、水野晃樹、FW田川亨介。試合前の時点で2勝2分7敗、勝ち点8で17位に沈む。谷口、池田、ビクトル イバルボ、趙東建が負傷離脱中。前節(アウェイのガンバ大阪戦)から中2日ということもあり、最終ラインは高橋祐治に変えて小林、中盤は高橋秀人に変えて福田、前線で田川に変えて安庸佑をスタメン起用している。


2018年4月30日月曜日

2018年4月28日(土)14:00 明治安田生命J1リーグ第11節 ベガルタ仙台vs北海道コンサドーレ札幌 ~プレースピードというレイヤをかけて見てみよう~

0.プレビュー

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-2-1、GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、石川直樹、MF駒井善成、宮澤裕樹、福森晃斗、菅大輝、三好孝児、チャナティップ、FW都倉賢。サブメンバーはGK菅野孝憲、MF兵藤慎剛、ジュリーニョ、早坂良太、荒野拓馬、FW内村圭宏、宮吉拓実。連戦が続く中で前節60分起用された深井のみがターンオーバーで休み。念には念をということで、よほどのことがない限りは中2日、3日では起用しない方針なのかもしれない。中盤センターは荒野か兵藤が有力と思われていて、事前報道では荒野だったが蓋を開けてみれば福森が悲願の?中央起用を勝ち取っている。
 ベガルタ仙台のスターティングメンバーは3-4-2-1、GK関憲太郎、DF菅井直樹、大岩一貴、常田 克人椎橋慧也、MF中野嘉大、板倉滉、梁勇基、永戸勝也、野津田岳人、西村拓真、FW。サブメンバーはGKシュミット ダニエル、DF蜂須賀孝治、金正也、MF富田晋伍、椎橋慧也、関口訓充、FW石原直樹。奥埜が左膝内側側副靭帯損傷、庄司と阿部拓馬が左ハムストリングス肉離れ、このほかラファエルソンと金久保も離脱中で、出場微妙だった平岡と古林もメンバー外と各ポジションでやりくりが難しくなっているが、そうした状況でも1トップの石原、キャプテン富田、第3節以降スタメン定着しつつある金正也、直近4試合フル出場中の蜂須賀は休ませている。菅井が右CBを務めるのはチャナティップ対策もあるのかもしれない。

2018年4月27日金曜日

2018年4月25日(水)19:00 明治安田生命J1リーグ第10節 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス ~ポジショナルプレーvsミシャスタイル~

0.プレビュー


スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-2-1、GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF駒井善成、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝、三好康児、チャナティップ、FW都倉賢。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF兵藤慎剛、早坂良太、荒野拓馬、FWヘイス、宮吉拓実。前節浦和戦を欠場した駒井がスタメンに復帰。他のメンバーは変えず、中3日での厚別開幕戦を戦う。ヘイスが再びベンチに入ったのは、雨の厚別でボールを収められる選手が必要、との判断だったのかもしれない。
 横浜F・マリノスのスターティングメンバーは4-1-2-3、GK飯倉大樹、DF松原健、中澤佑二、金井貢史、山中亮輔、MF扇原貴宏、大津祐樹、天野純、FW仲川輝人、ユン イルロク、ウーゴ ヴィエイラ。サブメンバーはGK杉本大地、DFミロシュ デゲネク、MF中町公祐、吉尾海夏、山田康太、FW遠藤渓太、伊藤翔。一部選手の反乱?もあって不完全燃焼気味だったエリク・モンバエルツのサイクルを引き継いだアンジェ・ポステコグルー体制だが、リーグ戦9試合で2勝3分4敗の勝ち点9、失点は15、直近3試合で計9失点(vs広島1-3、vs神戸1-2、vs湘南4-4)という状況。前節まで9試合フル出場を続けていたデゲネクに変えて左のCBに金井。この他、5試合連続出場していたオリヴィエ ブマルも負傷欠場で、右ウイングに仲川。

2018年4月23日月曜日

2018年4月21日(土)16:00 明治安田生命J1リーグ第9節 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌 ~耐え忍ぶ日々はやがてレガシーとして~

0.プレビュー

スターティングメンバー

 北海道コンサドーレ札幌のスターティングメンバーは3-4-2-1、GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF荒野拓馬、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝、三好康児、チャナティップ、FW都倉賢。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF兵藤慎剛、ジュリーニョ、白井康介、早坂良太、FW宮吉拓実。浦和から期限付き移籍中の駒井は契約条項により出場不可。注目された右WBは水曜日のルヴァンカップ(磐田戦@ヤマハスタジアム)で中盤センターで出場した荒野。ルヴァンカップでは早坂の右CB、白井の右WB、宮吉は後半開始から前線で途中出場と読めない状況だったが、好調の宮吉をジョーカーとしてベンチに残し、アウトサイドは久々となる荒野をチョイスした。前節欠場したジェイ、深井、宮澤、チャナティップはいずれも全体練習に合流し、前日入りした遠征メンバー入りしているとの情報があったが、ジェイはメンバー外。
 浦和レッズのスターティングメンバーは3-4-2-1、GK西川周作、DF岩波拓也、阿部勇樹、槙野智章、MF橋岡大樹、長澤和輝、遠藤航、宇賀神友弥、柏木陽介、FW武藤雄樹、興梠慎三。サブメンバーはGK福島春樹、MF武富孝介、青木拓矢、柴戸海、菊池大介、FW李忠成、ズラタン。この週、オズワルド・オリヴェイラ新監督の就任および今節限りでの大槻毅暫定監督の任期終了が発表された。河合竜二よりもよっぽどヤクザおじさんな風貌が話題をさらったが、就任直後公式戦5試合で4勝1分けと見事に立て直しに成功した。ルヴァンカップの広島、ガンバ大阪戦では4バックの4-4-2、リーグ戦の3試合(仙台、神戸、清水)では3バックの3-4-1-2を採用しており、3バックでくることは読めたもののこの試合では柏木のトップ下+2トップではなく、1トップ2シャドーでスタートから望んでいる。マウリシオは前節清水戦でCB中央で出場したもののの前半途中で負傷交代しており、岩波が途中から起用された。スタメン発表では右から遠藤、岩波、槙野と想像される順に名前が並んでいたが、実際は阿部が中央を務め、遠藤は中盤で起用されている。