2019年8月19日月曜日

2019年8月17日(土)明治安田生命J1リーグ第23節 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 ~互いに条件は同じ~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、荒野拓馬、宮澤裕樹、菅大輝、鈴木武蔵、チャナティップ、FWジェイ。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MFルーカス フェルナンデス、深井一希、中野嘉大、早坂良太、FW岩崎悠人。小野⇒岩崎以外は前節とメンバーは同じ。荒野と深井の序列が変わってきたことを示唆させる。
 清水(1-4-2-3-1):GK西部洋平、DF立田悠悟、吉本一謙、二見宏志、松原后、MFヘナト アウグスト、竹内涼、金子翔太、河井陽介、西澤健太、FWドウグラス。サブメンバーは GK大久保択生、DFファン ソッコ、飯田貴敬、MF六平光成、滝裕太、FWジュニオール ドゥトラ、中村慶太。エウシーニョは内転筋痛で欠場し、代役は立田。他はここ数試合と同じメンバー。ヘナト アウグスト、立田は先発出場した天皇杯から中2日。

 その他プレビューはこちら


2019年8月15日木曜日

プレビュー:2019年8月17日(土)明治安田生命J1リーグ第23節 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 ~疲弊してるの?~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー


1.1 札幌

×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)MF駒井(右膝半月板損傷)
*(負傷等で出場微妙)FWアンデルソン ロペス(怪我?)

IN(夏マーケットでの加入)DF田中(特別指定選手登録)
OUT(夏マーケットでの放出)DF中村(Honda FCへ育成型期限付き移籍)
MF中原(ベガルタ仙台へ完全移籍)
MF小野(FC琉球へ完全移籍)

 武蔵は前節試合終了間際に脳震盪を起こしていたが、回復し出場できる見込み。アンデルソン ロペスは思わせぶり女子大生みたいなインスタグラムの更新を続けていたが、結局は移籍ではなく、何らかの負傷で別メニュー調整中なのだろう。
 特別指定選手のDF田中、MF金子、MF高嶺の3人が練習に合流中で、特に金子はメンバー入りの可能性が大いにあるだろう。

1.2 清水

×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)GK六反(8/4にオーバートレーニング症候群の診断発表)
MF石毛(4/15練習試合で右膝前十字靱帯損傷、右膝内側側副靱帯損傷 )
*(負傷等で出場微妙)※特になし

IN(夏マーケットでの加入)GK大久保(サガン鳥栖から完全移籍)
DF吉本(FC東京から完全移籍)
DF福森(大分トリニータから完全移籍)
FWジュニオール ドゥトラ(コリンチャンスから完全移籍)
OUT(夏マーケットでの放出)DFヴァンデルソン(期限付き移籍契約を解除し、アトレチコ・パラナエンセへ復帰)
MF西村(ファジアーノ岡山へ育成型期限付き移籍)
FW北川(SKラピード・ウィーンへ完全移籍)
FW髙橋(ギラヴァンツ北九州へ育成型期限付き移籍)

 FW北川が移籍してからのリーグ戦3戦目。ここ2戦は河井をトップ下に起用する布陣で2試合連続の完封勝ちを収めている。今週水曜日には天皇杯(vsアビスパ福岡 @博多の森競技場)を戦っており、”主力組”ではヘナト アウグストのみがスタメン出場。ドウグラスと河井が途中出場。恐らく2連勝中のメンバーが基本になるだろう。直近のリーグ戦を見たが、ヘナト アウグストは休ませられない位置づけなのは非常によく理解できる。
 夏のマーケットではCBの立田がイマイチ独り立ちできない最終ラインに吉本、大分から余剰人員となっていた福森を獲得。7/29に加入した吉本は早速8/3の横浜F・マリノス戦からスタメン起用され、2連勝に貢献している。

2.今季の対戦のおさらい


2019年3月9日(土)明治安田生命J1リーグ第3節 北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス ~カルナヴァルにかき消されたゲームモデル~

 清水はドウグラスを欠く布陣。ヨンソン監督率いる清水は、前半からボールを保持し、特にルーカス フェルナンデスの守備が心許ない札幌の右サイドを、松原の攻撃参加を突きつけるなどして狙っていく。札幌は前節浦和戦のいい流れをそのままに、清水の中盤と枚数を合わせる[1-5-1-2-2]の布陣でマンマーク守備を敢行するが清水SBへの対応がはっきりしない。
 思った以上にアグレッシブな清水がチャンスを作るが、札幌はその高めの最終ラインの裏を武蔵が裏抜けとドリブル突破で突く。前半だけで1ゴール1アシストの活躍でリードして折り返すと、後半は”ターミネーター”アンデルソン ロペスの躍動でカルナヴァルに火が点いた。札幌ドームゴール裏の溶鉱炉に落下のハプニングもあったが、4ゴールの活躍で清水を突き放したが。

2019年8月12日月曜日

2019年8月10日(土)明治安田生命J1リーグ第22節 北海道コンサドーレ札幌vs浦和レッズ ~特別ではない日常へ~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、荒野拓馬、宮澤裕樹、菅大輝、鈴木武蔵、チャナティップ、FWジェイ。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MFルーカス フェルナンデス、深井一希、中野嘉大、早坂良太、小野伸二。既報通り小野がベンチ入りし、アンデルソン ロペスは沈黙のベンチ外となった。深井はミシャ体制で初のベンチスタート(これまではスタメンを外れた試合は全て欠場)。想定されていた小野の起用法と関係があったのかもしれない。
 
 浦和(1-3-4-2-1):GK西川周作、DF岩波拓也、マウリシオ、槙野智章、MF宇賀神友弥、エヴェルトン、青木拓矢、関根貴大、FW長澤和輝、武藤雄樹、興梠慎三。サブメンバーはGK福島春樹、MF山中亮輔、阿部勇樹、森脇良太、マルティノス、FWファブリシオ、杉本健勇。リーグ戦ここ6試合スタメン起用が続いていた橋岡がベンチ外となり、代役は5月以来の右起用となる宇賀神。中盤センターは2試合ぶりにエヴェルトン。
 プレビューはこちら

2019年8月8日木曜日

プレビュー:2019年8月10日(土)明治安田生命J1リーグ第22節 北海道コンサドーレ札幌vs浦和レッズ ~逃げ出さないこと信じぬくこと~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー

1.1 札幌


×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)MF駒井(右膝半月板損傷)
*(負傷等で出場微妙)※特になし

IN(夏マーケットでの加入)DF田中(特別指定選手登録)
OUT(夏マーケットでの放出)DF中村(Honda FCへ育成型期限付き移籍)
MF中原(ベガルタ仙台へ完全移籍)

 長期離脱から復帰1ヶ月にして再び駒井が同じ箇所を故障し、離脱してしまった。浦和戦にかける想いは大きかっただろうし、チームとしても中盤センター、シャドーでの起用が考えられただけに影響は小さくない。小野はこの試合を最後にチームを離れることが決まった(FC琉球へ完全移籍)。恐らくベンチ入りし、試合展開にもよるが優先的に起用されるだろう。そしてアンデルソン ロペスは…神(not曽田さん)のみぞ知る、といったところか。

1.2 浦和

×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)※特になし
*(負傷等で出場微妙)DFマウリシオ(7/31鹿島戦での負傷)
MF柏木(5/21北京国安戦での負傷:右膝関節軟骨損傷、全体練習合流済)

IN(夏マーケットでの加入)MF関根(FCインゴルシュタット04から完全移籍)
OUT(夏マーケットでの放出)DF茂木(愛媛FCへ期限付き移籍)
MF山田(湘南ベルマーレへ期限付き移籍)
FWアンドリュー ナバウト(メルボルン・ビクトリーへ完全移籍)

 2018シーズンと同じようなシチュエーションでチームを引きついた大槻組長。就任後、数試合はフラットに選手を見て、コンディションの良好な選手を優先的に起用していた印象だが、ここ数試合はコアとなる選手が再び定まってきた。負傷で前節欠場のマウリシオ、柏木は全体練習に合流しており、マウリシオは3バックの中央に返り咲きそうだ。シャドーと中盤センターの一角はそれぞれ、候補となる選手2人が五分五分の争いをしているように思える。

2.今季の対戦のおさらい


2019年3月2日(土)明治安田生命J1リーグ第2節 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌 ~ベストイレブンの証明~

 リーグ戦の開幕2戦目。オリヴェイラ体制の浦和はプレシーズンから試していた、エヴェルトンアンカーの1-3-1-4-2、札幌はミシャ体制では初めてとなるチャナティップトップ下、2トップの1-3-4-1-2。ジェイをベンチスタートにし、武蔵をスタメン起用。
 浦和を徹底的に研究したであろう札幌の狙いが序盤からはまる。開始2分でゴールキックから、”ジェイロール”のアンロペのポストプレーに武蔵が抜け出して先制。その後は浦和に持たせ、中盤から後ろはほぼ純粋なマンマークで受け手を潰す守備からショートカウンター。武蔵が27分に2点目を奪う。1-5-3-2の陣形で守る浦和に対しては、トップ下・チャナティップが終始浮くポジションを取り続けビルドアップの出口を作り、プレスを空転させる。後半は引いて浦和の攻撃を受けながらオープンスペースにロペス、荒野らの突撃でカウンターパンチを繰り出し続けた札幌が2点のリードを守り切った。

2019年8月5日月曜日

2019年8月3日(土)明治安田生命J1リーグ第21節 サンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌 ~さて、ゴール前。~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝、鈴木武蔵、チャナティップ、FWジェイ。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MFルーカス フェルナンデス、早坂良太、FWアンデルソン ロペス、岩崎悠人、藤村怜。ほぼ予想通りのメンバー。
 広島(1-3-4-2-1):GK大迫敬介、DF井林章、荒木隼人、野上結貴、MFハイネル、川辺駿、稲垣祥、柏好文、野津田岳人、森島司、FWドウグラス ヴィエイラ。サブメンバーはGK林卓人、DF吉野恭平、MFエミル サロモンソン、東俊希、柴崎晃誠、FW渡大生。ここ数試合のメンバーから、柴崎と佐々木に代えて井林(前節は野上の代役でスタメン)と野津田をスタメン起用。

2019年8月2日金曜日

プレビュー:2019年8月3日(土)明治安田生命J1リーグ第21節 サンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌 ~隠すだけの価値~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー

1.1 札幌


×(非帯同、欠場確定)MF荒野(累積警告により出場停止)
×(負傷等で欠場濃厚)※特になし
*(負傷等で出場微妙)MF深井(7/13大分戦での負傷)

IN(夏マーケットでの加入)DF田中(特別指定選手登録)
OUT(夏マーケットでの放出)DF中村(Honda FCへ育成型期限付き移籍)
MF中原(ベガルタ仙台へ完全移籍)

 2週間の中断期間のうち数日はコンディション回復に充てられた。荒野が出場停止だが、恐らく深井が復帰することになるだろう。サイドは中断前、好調だった白井がどちらかで起用されるはず。好調が維持されているなら、右でも左でも起用が想定される。トップはジェイか。きれいなアンロペのお披露目は試合途中からだろう。

1.2 広島


×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)※特になし
*(負傷等で出場微妙)DFエミル サロモンソン

IN(夏マーケットでの加入)※特になし
OUT(夏マーケットでの放出)GK中林(横浜F・マリノスへ期限付き移籍)
DF高橋(海外移籍を目指して退団)
MF川井(レノファ山口へ期限付き移籍)
FWパトリック(ガンバ大阪へ期限付き移籍)
FW皆川(横浜FCへ完全移籍)

 水曜日7/31にホームで川崎との未消化試合を制し、5位に浮上した。ここ3試合はメンバーが固定されており、CB中央に荒木、右WBにハイネルといった選手が台頭しているが、夏場の中2日という日程を考量すると幾分かターンオーバーしてくるだろう。但し、柏やドウグラスヴィエイラは代えがきかない。パトリック、皆川の放出は幾分かの驚きもあったが、今のチームの戦術的な指向性を考えると確かに居場所がない選手でもあった。

2.今季の対戦のおさらい


2019年6月1日(土)明治安田生命J1リーグ第14節 北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島 ~いつしか、スタンダードに~

 札幌はチャナティップ、アンデルソンロペスを欠きジェイも負傷明け。広島にボールを持たせる展開も予想されたが、蓋を開けてみると札幌がボールを持ち、広島は持たせるという互いの得意とする構図になった。シャドーのルーカスを突破口にしたい札幌、広島はマンマークで対抗から、福森の背後を速攻で強襲を狙う。札幌はボールを保持しながら、ドウグラスヴィエイラ番を任されたキム ミンテの奮闘もあって広島の速攻を消しながらボールを動かし続ける。ゴール前の迫力不足は明らかだったが、放り込みから早坂がワンチャンスをものにして1-0で札幌が勝利。

2019年7月22日月曜日

2019年7月20日(土)明治安田生命J1リーグ第20節 北海道コンサドーレ札幌vs湘南ベルマーレ ~ボスロイド 動きます。~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、荒野拓馬、宮澤裕樹、菅大輝、鈴木武蔵、チャナティップ、FWジェイ。サブメンバーはGK菅野孝憲、MFルーカス フェルナンデス、駒井善成、中野嘉大、早坂良太、FWアンデルソン ロペス、岩崎悠人。ここ数試合、左で起用されて好調の白井を右、トップにジェイ。やりたいこと、ゲームプランはメンバーを見ればわかる(後述)。
 湘南(1-3-4-2-1):GK秋元陽太、DF山根視来、フレイレ、大野和成、MF古林将太、齊藤末月、金子大毅、杉岡大暉、FW武富孝介、梅崎司、山﨑凌吾。 サブメンバーはGK松原修平、DF毛利駿也、MF秋野央樹、鈴木冬一、FW野田隆之介、松田天馬、トカチ。予想通り前節と全く同じスタメン。
 プレビューはこちら