2019年10月14日月曜日

2019年10月13日(日)YBCルヴァンカップ プライムステージ準決勝第2戦 北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪 ~問われる標準装備への回答~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-1-2):GK菅野孝憲、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝、荒野拓馬、FWジェイ、鈴木武蔵。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF石川直樹、MFルーカス フェルナンデス、中野嘉大、早坂良太、金子拓郎、FW岩崎悠人、ジェイ。股関節痛のルーカスは戻ってきたが、アンデルソン ロペスは膝の痛みを訴えたとのことでベンチ外。

 ガンバ大阪(1-3-1-4-2):GK東口順昭、DF高尾瑠、三浦弦太、菅沼駿哉、MF矢島慎也、小野瀬康介、井手口陽介、倉田秋、福田湧矢、FWアデミウソン、宇佐美貴史。サブメンバーはGK林瑞輝、DF藤春廣輝、青山直晃、MF遠藤保仁、マルケル スサエタ、FWパトリック、渡邉千真。スタメン、サブとも4日前の第1戦と同じメンバー。

(さすがに同じ対戦カードが3試合続くと、書くことがなくなってくるので簡潔に。)

2019年10月10日木曜日

2019年10月9日(水)YBCルヴァンカップ プライムステージ準決勝第1戦 ガンバ大阪vs北海道コンサドーレ札幌 ~第2章の主人公~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-1-2):GK菅野孝憲、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝、荒野拓馬、FWアンデルソン ロペス、鈴木武蔵。サブメンバーはGK阿波加俊太、DF石川直樹、MF中野嘉大、早坂良太、金子拓郎、FW岩崎悠人、ジェイ。機能しなかった2トップ+トップ下は諦めたかと思いきや、ジェイ→アンロペ以外は5日前のリーグ戦と同じメンバー・システムで臨む。ルーカスは股関節を痛めてメンバー外。
 ガンバ大阪(1-3-1-4-2):GK東口順昭、DF高尾瑠、三浦弦太、菅沼駿哉、MF矢島慎也、小野瀬康介、井手口陽介、倉田秋、福田湧矢、FWアデミウソン、宇佐美貴史。サブメンバーはGK林瑞輝、DF藤春廣輝、青山直晃、MF遠藤保仁、マルケル スサエタ、FWパトリック、渡邉千真。こちらも韓国代表招集中の金英權以外は同じメンバー。

 読んでいない人は先にこちら(5日前のリーグ戦)をどうぞ

2019年10月6日日曜日

2019年10月4日(金)明治安田生命J1リーグ第28節 ガンバ大阪vs北海道コンサドーレ札幌 ~落ち着いて 素数を数えるんだ~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-1-2):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝、荒野拓馬、FWジェイ、鈴木武蔵。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MFルーカス フェルナンデス、中野嘉大、早坂良太、FWアンデルソン ロペス。「対アンカーシステム」として定番になった[1-3-4-1-2]のトップ下でスタメン予定だったチャナティップは試合前練習で右足ふくらはぎを痛めて欠場。荒野がそのままポジションに入った。
 ガンバ大阪(1-3-1-4-2):GK東口順昭、DF高尾瑠、三浦弦太、金英權、MF矢島慎也、小野瀬康介、井手口陽介、倉田秋、福田湧矢、FWアデミウソン、宇佐美貴史。サブメンバーはGK林瑞輝、DF藤春廣輝、菅沼駿哉、MF遠藤保仁、マルケル スサエタ、FWパトリック、渡邉千真。非公開練習の末にかつての形…3バック+3人のMFを置くシステムに戻し、適所に宇佐美と井手口を配する形に。

2019年10月4日金曜日

プレビュー:2019年10月4日(金)明治安田生命J1リーグ第28節 ガンバ大阪vs北海道コンサドーレ札幌 ~宮本さんへ まだ間に合います~

1.予想スターティングメンバー

予想スターティングメンバー

1.1 北海道コンサドーレ札幌


×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)MF駒井(右膝半月板損傷)
*(負傷等で出場微妙)※特になし

IN(夏マーケットでの加入)DF田中(特別指定選手登録)
OUT(夏マーケットでの放出)DF中村(Honda FCへ育成型期限付き移籍)
MF中原(ベガルタ仙台へ完全移籍)
MF小野(FC琉球へ完全移籍)

 出場停止明けのジェイ、武蔵が戻り、今シーズンの主要なメンバーが並ぶ布陣に戻るはずだ。中盤の左は前節先発の深井から再び荒野、アンデルソン ロペスはチャナティップらを欠くルヴァンカップに向けて温存か。

1.2 ガンバ大阪


×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)※特になし
*(負傷等で出場微妙)DF菅沼(右足負傷?)

IN(夏マーケットでの加入)MFマルケル スサエタ(アスレティック・ビルバオから完全移籍)
MF井手口(リーズ・ユナイテッドから完全移籍)
MF鈴木(川崎フロンターレから期限付き移籍)
FWパトリック(サンフレッチェ広島から期限付き移籍)
FW宇佐美(アウクスブルクから完全移籍)
FW高木(レノファ山口FCから完全移籍)
OUT(夏マーケットでの放出)DF米倉(JEFユナイテッド千葉へ期限付き移籍)
DFオ ジェソク(FC東京へ完全移籍)
MF田中(大分トリニータへ完全移籍)
MF今野(ジュビロ磐田へ完全移籍)
MF高(レノファ山口FCへ育成型期限付き移籍)
MF食野(マンチェスター・シティへ完全移籍)
MF藤本(京都サンガF.C.へ期限付き移籍)
FWファン ウィジョ(FCジロンダン・ボルドーへ完全移籍)
FW中村(FCトウウェンテへ期限付き移籍)

 5月の前回対戦時は3バックだったが、公式戦ここ4試合は4バック。そのうちルヴァンカップではリーグ戦首位のFC東京をアウェイゴールで上回ったが、前節はアウェイの大阪ダービーで完敗を喫している。16位の鳥栖とは勝ち点差3。
 ミシャチームに対しては3バック(守備時5バック)に戻してくると考えるのが妥当だ。”3連戦の初戦”で試しておくことで、続くルヴァンカップの2試合でも使えるか目処が立つ。16位の鳥栖とは勝ち点差3で、今週は非公開練習だったことも考えると、何らか動いてくるだろう。
 ただ、遠藤、宇佐美、井手口といったメンバーに簡単に見切りをつけるとは考えにくい。特に中盤センターは、遠藤と矢島の入れ替えはありだとしても、井手口に代わる選手はいない。逆に選択肢が比較的豊富な2列目は、ダービーで初先発し孤軍奮闘していたスサエタがどこかのポジションに収まるだろう。トップはターゲットになれるパトリックを予想する。

2.今期の対戦のおさらい

2019年5月25日(土)明治安田生命J1リーグ第13節 北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪 ~いいとこどりの難しさ~

 ガンバは1-3-1-4-2のシステムでアンカーに矢島、右インサイドハーフに高江、右DFに高尾、左WBに福田と(ガンバ的には)フレッシュなメンバーが並んだ。札幌は矢島対策でチャナティップをトップ下、武蔵とルーカス(ジェイは負傷明けでベンチスタート、アンロペは負傷離脱中)の2トップに近い布陣で中盤の枚数を合わせる。
 ガンバは2トップ(アデミウソン、ファン ウィジョ)の突破力を活かすため自陣に引いてのロングカウンター狙い。札幌はガンバによってサイドにボールを誘導されながらも攻め急がずに左右にボールを振りチャンスを待つ。ミシャは「札幌に来てからのベストゲームの一つ」というが、ボール保持による試合のコントロールはできても5バックのガンバを崩せるクオリティには欠けた。ラスト15分でジェイ投入も実らず、膠着状態で引き分け。

2019年9月30日月曜日

2019年9月28日(土)明治安田生命J1リーグ第27節 鹿島アントラーズvs北海道コンサドーレ札幌 ~対話と圧力~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF進藤亮佑、キム ミンテ、福森晃斗、MF白井康介、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝、ルーカス フェルナンデス、チャナティップ、FWアンデルソン ロペス。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF中野嘉大、早坂良太、荒野拓馬、FW岩崎悠人、藤村怜。予想通り右シャドーはルーカス。中断期間中、他の選手も試していたというが最も考えうる選択肢に落ち着いた。深井は6試合ぶりのスタメン。後述するがレオ シルバ対策だったと思われる。
  鹿島(1-4-2-2-2):GKクォン スンテ、DF内田篤人、ブエノ、犬飼智也、小池裕太、MF小泉慶、レオ シルバ、セルジーニョ、白崎凌兵、FW上田絢世、土居聖真。サブメンバーはGK曽ケ端準、DFチョン スンヒョン、伊東幸敏、MF永木亮太、中村充孝、遠藤康、FW伊藤翔。やはりターンオーバーを意識し、3日前の天皇杯で休ませたメンバーが中心。CB2人と小池、セルジーニョが中2日でのスタメン出場。
 その他プレビューはこちら。

2019年9月27日金曜日

プレビュー:2019年9月28日(土)明治安田生命J1リーグ第27節 鹿島アントラーズvs北海道コンサドーレ札幌 ~代役の条件~

1.予想スターティングメンバー


予想スターティングメンバー

1.1 札幌

×(非帯同、欠場確定)FW鈴木(累積警告4枚で出場停止)
FWジェイ(累積警告4枚で出場停止)
×(負傷等で欠場濃厚)MF駒井(右膝半月板損傷)
*(負傷等で出場微妙)DF進藤(右足首捻挫)

IN(夏マーケットでの加入)DF田中(特別指定選手登録)
OUT(夏マーケットでの放出)DF中村(Honda FCへ育成型期限付き移籍)
MF中原(ベガルタ仙台へ完全移籍)
MF小野(FC琉球へ完全移籍)

 前節ジェイと武蔵が揃って累積4枚目の警告を受けて出場停止。前線の3つの椅子はチャナティップ、アンデルソン ロペスを加えた4人で回してきた中で、2人同時の離脱は勘弁してくれと内心ミシャも思っているだろう。順当にいけば右シャドーにルーカス。順当にいかないとすれば中野と菅の左サイドの候補2人のいずれか、深井を中盤起用で荒野。特別指定選手の金子も、大学との兼ね合いがあるがこの試合に帯同できるとの話もある。ちょっと前に「お前らは札幌の将来を背負うんだ」と言いくるめたルーカスをベンチスタートにすることが許容されるのはこのあたりか。ただ、ルーカスが有力なので、となると他のポジションも必然と見えてくるということで図には名前を書いていない。

1.2 鹿島

×(非帯同、欠場確定)※特になし
×(負傷等で欠場濃厚)MF三竿(9/14FC東京戦での左ハムストリング筋損傷)
*(負傷等で出場微妙)※特になし

IN(夏マーケットでの加入)MF小泉(柏レイソルから完全移籍)
MF相馬(名古屋グランパスから期限付き移籍)
FW上田(特別指定選手登録)
OUT(夏マーケットでの放出)DF安西(ポルティモネンセSCへ完全移籍)
MF安部(FCバルセロナへ完全移籍)
MF平戸(FC町田ゼルビアへ完全移籍)
FW鈴木(シント=トロイデンVVへ完全移籍)
FW金森(サガン鳥栖へ期限付き移籍)

 ターンオーバーを敷きながら並行して4つのコンペティションを戦うシーズン。AFCチャンピオンズリーグでは準々決勝で敗退したが、まだ国内3冠を狙える位置につけている。
 その1つ、水曜日にホームで天皇杯(vs横浜F・マリノス、4-1で勝利)を戦っている。この試合に先発出場しなかったメンバーでスタメンクラスの主力選手は、GKのクォン スンテ、DFの町田、内田、MFの土居、レアンドロ、小泉、白崎。これらの選手は優先的に起用されると考え、また連戦でも起用されている左SBの小池もスタメンが有力だろう。三竿が離脱中で、天皇杯でレオ シルバと永木を使っているため、小泉は本来の中盤起用を予想する。となると右SBは久々の内田か。
 予想が難しいのは2列目。コンディションはレアンドロ、白崎の方が良さそうだが、前線で最大のポイントゲッターになっているセルジーニョを外せるか。

2.今期の対戦のおさらい


2019年3月17日(日)明治安田生命J1リーグ第4節 北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズ ~2手先の準備~

 前々節浦和に埼玉で2-0、前節清水を5-2で粉砕し勢いに乗る札幌はホーム連戦。鹿島は札幌の攻撃力の源であるロペス-ルーカスの右(鹿島から見て左)にウイング然と張る安部とロペスの背後を取る安西の攻撃参加で序盤から差し込んでいく。
 狙い通り15分で安西の仕掛けから札幌右サイドを突いて先制し、以降はいつも通りのマンマーク守備で札幌の攻撃を封殺。ロペスと武蔵はスペースを消され、チャナティップには何度目かの永木によるスッポンマーク。ルーカスは安西に封じ込まれ、背後を取られるリスクが顕在化する。
 後半札幌が前掛かりになったところを、福森の背後を突く定石通りのカウンターアタックで鹿島が追加点を挙げ、3点目も同じく前掛かりになった背後を突いて追加点。鹿島の完勝に終わった。

2019年9月16日月曜日

2019年9月14日(土)明治安田生命J1リーグ第26節 北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台 ~窮屈な空~

0.スターティングメンバー

スターティングメンバー

 札幌(1-3-4-2-1):GKク ソンユン、DF早坂良太、キム ミンテ、福森晃斗、MFルーカス フェルナンデス、荒野拓馬、宮澤裕樹、白井康介、鈴木武蔵、チャナティップ、FWジェイ。サブメンバーはGK菅野孝憲、DF石川直樹、MF深井一希、中野嘉大、FW菅大輝、アンデルソン ロペス、岩崎悠人。ルヴァンカップで右足首捻挫の進藤は欠場。連続フル出場は途切れることとなった。筆者がスタメンを希望した2人のうち、早坂は希望通り右DFで起用されたが、トップはアンデルソン ロペスではなくジェイ。また、U-22日本代表から戻った菅もベンチスタートで、ルーカス フェルナンデスが右WBで第19節大分戦以来のリーグ戦スタメン出場。
 仙台(1-4-2-2-2):GKヤクブ スウォビィク、DF蜂須賀孝治、シマオ マテ、平岡康裕、永戸勝也、MF富田晋伍、松下佳貴、道渕諒平、関口訓充、FW長沢駿、ハモン ロペス。サブメンバーはGK川浪吾郎、DF金 正也、MF椎橋慧也、兵藤慎剛、石原崇兆、FW石原直樹、ジャーメイン 良。リーグ戦4試合未勝利ということで、中断期間に色々な選手の組み合わせを試していたという。結果的には、ハモン ロペスと、負傷から復帰直後でフェイスガードを装着している関口の先発起用という決断に至っている。
 その他プレビューはこちら